海外不動産投資を行ないましょう~ザクザク収益実現~

マンション

関西地方で投資をするなら

電卓

大阪には非常に多くの不動産投資会社があります。不動産投資を行うための収益物件も大変多いのが、大阪の特徴となっています。ですから、不動産投資会社を上手に利用して、不動産投資を成功させるようにしましょう。

この記事を読む

不動産管理会社の選び方

不動産

不動産投資で失敗しないためには、優秀な不動産管理会社と管理委託契約を結ぶことが重要です。不動産管理会社を選ぶ際には、市場動向や入居者ニーズを把握しているか、機動力があるかの2つのポイントを重視するといいでしょう。

この記事を読む

手軽に不動産投資する方法

不動産屋

個人投資家では高額の不動産投資は難しいですが、不動産投資信託を活用すると手軽に投資ができるようになります。不動産投資信託ならば、100万円程度でも購入することが可能だからです。なお、不動産投資信託は運営会社の保有不動産によって、いくつかの種類が存在しています。

この記事を読む

投資は海外市場も視野

集合住宅

人口増加がカギ

不動産投資は人口増加に比例して需要が高まるものです。日本では人口減少が社会問題にもなっており、不動産の需要は人口が増加している大都市の一部に限られているのが現状です。そのため日本での不動産投資は可能な場所が限られており、長期的な投資に不向きな面がデメリットなのです。一方海外では人口の増加が著しい国もあります。高い経済成長を伴っている国であれば、不動産の需要はますます伸びることも想定されます。そのため海外不動産投資は今後の投資方法の一つとして今注目されています。人口の増加が著しい国はアジア県内に多くインドネシアやフィリピン、マレーシアなどがが候補地です。またこれらの国は経済発展状況も高く、長期の市場拡大が見込まれています。

注意する点も多い

しかし海外不動産投資には面倒が多いことがデメリットになります。筆頭は為替です。日本円と価値が異なるため、常に為替差異が発生します。儲かることもありますが、損することもありうるのです。またその国によて法律制度や税制が異なる点にも注意しなければなりません。外貨規制などがかかっている国は現地で稼いだお金を日本に持ち出せないなど意味をなさない投資にもなりかねません。高い経済成長を維持するためにはお金の流出入などに規制をかける場合が多いため、注意しなければならないのです。海外不動産投資を行うには個人では難しく、現地の弁護士やコンサルタントを利用することが多くなります。この投資費用もデメリットの一つです。海外不動産投資はこれらを総合的に判断しなければならないのです。